ニンテンドースイッチ

スポンサーリンク


『真・女神転生Ⅴ』DLCコンテンツ「人修羅と九人の魔人」最初に立ちはだかる魔人マタドール(HARD)を遂に攻略。

対策必須の難度でおそらく10回以上は全滅してようやくの討伐となりました。めちゃくちゃ歯応えあった。

 

「魔人マタドール」

防御耐性は電撃弱点の衝撃無効破魔呪殺耐性。

スキルは強力な専用スキル「血のアンダルシア」「赤のカポーテ」に加え衝撃全体スキルのマハザン持ち。

前半は主にマハザンを中心に攻めてくるので無効持ちを1人以上編成しておくと戦闘を優位に進められますね。

討伐編成。

何やかんやレベルが高くなってしまいましたがこれでも手に汗握る戦いになりました。

弱点を突けるジオ系持ち3枚、スクンダ1枚、タルンダ2枚、全体回復持ち1枚という構成。

 

弱体スキルは必須級で特にスクンダ(命中・回避↓)は必須。

「赤のカポーテ(命中・回避↑↑)」がかかった状態だとまともに攻撃が当たりません。

そして攻撃力が下がってない状態の「血のアンダルシア」は非常に脅威。

スクンダとタルンダを最大まで使用した状態を維持して戦えばかなりの事故防止になります。

中盤後半の「血のアンダルシア」は全体物理無効アイテムか最低でも主人公ガードで凌ぐ。

物理の連撃系なので1発でもクリティカルが発生してしまうと死が見えます。

血のアンダルシア(クリティカル)→マハラクンダ→血のアンダルシアで串刺しにされた時は鬼かと思った(笑)

タルンダ2回掛け+ガードだとまず死なないのでジオ系で弱点を突いたあと2巡目は主人公はガード安定。

最後はマガツヒスキルも使用して一気に押し切ります。

・タルンダ、スクンダの弱点は常に維持した状態で戦う

・前半のマハザン攻めは衝撃無効持ち1人以上を編成(写せ身で主人公に衝撃無効を付与しておくと楽)

・中盤後半の血のアンダルシアは物理無効アイテムか最低でも主人公ガードで凌ぐ

 

という感じで最初の魔人マタドールを無事討伐。

対策必須で且つ行動パターンをある程度理解してからが本番という難度で非常に歯応えがありましたね。

残り魔人はあと八人+人修羅…先はひたすら長い。

 

 

NEXT…

1戦やってみましたがこれもかなり苦戦を強いられそうだ。

 

 

ではまた。

 

スポンサーリンク





ニンテンドースイッチ
【真・女神転生Ⅴ】2つ目のエリアまで来たけど…ボリュームがエグい【ルー・ガルー(Hard)鬼強】

スポンサーリンク 『真・女神転生Ⅴ』現在プレイ時間27時間を突破。 (感覚的に)まだ序盤の後半もしく …

ニンテンドースイッチ
真Ⅴ「せや、東京2度滅ぼしたろ!」【真・女神転生Ⅴ】

スポンサーリンク   前回の続き的な何か。 ※以下ネタバレ注意     …

ニンテンドースイッチ
【真・女神転生Ⅴ】新悪魔のデザインが素晴らしすぎる【Switch】

スポンサーリンク   『難易度Hardがまじでメガテン難度』 前回の続き的な何か。 ※以下 …