Nintendo Directを視聴して据え置きゲーム熱が上昇

ゲーム記事

スポンサーリンク


遅まきながらNintendo Direct(2021.2.18)を視聴してきました。

Nintendo Directのリンクはこちら

任天堂ハードは3DSぐらいしか持ってませんが何故か毎回必ずチェックしちゃう面白さ。少年心を思い起こさせると言いますか、毎回ワクワクしますよね。

スプラトゥーン3やゼルダの伝説関連など今回も非常にボリューム満点、個人的にはブレイブリーデフォルトⅡが一番気になりました。もう発売ということにも驚きましたね。

ニンテンドースイッチは欲しい欲しい言ってますがメガテン5が発売されたら買うかも。FE風花雪月もやりたすぎる。

据え置きゲームのモチベーションが完全に地の底に落ちてましたが、Nintendo Directを視聴して「やっぱり据え置きゲーのワクワク感は良いなぁ」と毎度改めて実感させられました。

スマホゲーは大人を感じる遊び、据え置きゲーは童心に返れる遊び…のような気がします。

 

ということで暫く積みゲーと化していた『英雄伝説 創の軌跡』を再開しました。

どれだけ据え置きゲーのモチベが地の底に落ちようが、軌跡シリーズとイースシリーズだけは毎作必ずクリアしていたんですがそれすら危ういぐらいの落ち方でしたね。(創の軌跡は間違いなく神ゲーですがPS4を起動する億劫さがそれすら上回ってました)

しかし軌跡シリーズも新作『黎の軌跡』の情報が続々と公開されて盛り上がりを見せています。

黎の軌跡はいよいよカルバート共和国が舞台という事で、共和国編を待ちに待っていた身としては堪りませんね。

黎の軌跡を楽しむためにもモチベが戻ってきたこの機会に創の軌跡をしっかりクリアしていきたいと思います。

 

エピソード『懐かしのホーム』『光まとう門出』

こんなん普通に泣く(涙)

ヴァルドは零碧以降ようやくの登場。本当に色々あったのでこのエピソードはグッと来ますね。

そしてオリビエとシェラのエピソード。空からのプレイヤーとしては感慨深すぎてもう…(涙)おめでとうとしか言いようがない。

やっぱり3rdみたいな掘り下げ的作品は個人的に大好きだと改めて感じました。(積みゲーにしといてどの口が)

PS4起動さえ出来ればつい没頭して遊んでしまうので、クリア目指して頑張るというよりPS4起動に全力で立ち向かっていきます(笑)

 

それでは続きをプレイしていこうと思います。

ではでは👋🏻

 

スポンサーリンク





ゲーム記事
コンシューマーゲームとソーシャルゲームは天秤

スポンサーリンク   【天秤とは】 支点が中央にあるてこを用いて、物体の質量を分銅と比較測 …

ゲーム記事
定期的に訪れるゲームのやる気0期間。

スポンサーリンク     またこの時期がやってきてしまった…   &n …

ゲーム記事
NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)3時間でアンストした話【iOS/Android】

スポンサーリンク 『NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)』 配信 …