ゲーム記事

スポンサーリンク


ソシャゲのやめどき5選

 

 

・起動している時間が激減

 

遊びや趣味や恋愛、仕事etc…ゲーム以外の事が充実してきたパターン。

ソシャゲが極端に好きで面白いからやっているというより、空いた時間を埋めるためにやっている人の方が多い気がします。

その空き時間が充実してくるとソシャゲを起動してる時間はどんどん減っていくと思います。

このパターンは学生や新社会人に多い印象。

 

 

・ふと我に返る

 

課金しすぎたり膨大な時間を費やした事に対してふと我に返るパターン。

始めたての頃は起きにくい現象ですが、ある程度そのゲームを遊んでそこそこマンネリ化してきた頃に急に襲ってきます。

過ぎた時間は返って来ないし、それが長ければ長い程おそろしく後悔します。

特に社会人になって”仕事とソシャゲしかやってない1年”とか、数年後振り返っても何も思い返せないですからね。

人生の使い方は計画的に。

 

 

・ついていけない

 

新しいキャラの追加・新しいコンテンツ実装の情報を見て「ついていけない」と感じるパターン。

新キャラが追加される度に手に入れないといけないという謎の強迫観念に駆られたり、新コンテンツ実装では初日から必死に頑張らないといけないと感じる現象。

過度なインフレゲー、集金体制の運営、ギルドゲー等に多い印象。

既についていけてない人や初中級者も何故か感じる不思議な現象ですね。

 

 

・アプデが楽しみより面倒

 

本来なら嬉しいし楽しみだし待ち遠しいはずのアップデートが面倒と感じるパターン。

「ついていけない」に似ていますね。

モチベが下がっている時の大型アップデートはこれになりやすく、面倒からついていけないに昇華され、そしてソシャゲ引退に。

アップデート情報を見て直感的に「面倒臭い」が勝ったらそれはもうやめどきかもしれない。

 

 

・無心

 

日々のデイリークエスト、コンテンツの消化、ただただ無心で義務的に遊んでるパターン。

果たして続ける意味はあるのか。

こうなっている方はかなり多い気がします。

アップデート待ちならまだしも何も無い状態で義務的にやっているだけなら確実にやめどき。

あと、付き合いでやっているパターンもありますが個人的にそれもあまりオススメしません。

 

 

以上、ソシャゲのやめどき5選でした。

いかがだったでしょうか。

 

では今回はこの辺で終わります。

それではまた。

 

スポンサーリンク





ゲーム記事
コンシューマーゲームとソーシャルゲームは天秤

スポンサーリンク   【天秤とは】 支点が中央にあるてこを用いて、物体の質量を分銅と比較測 …

ゲーム記事
定期的に訪れるゲームのやる気0期間。

スポンサーリンク     またこの時期がやってきてしまった…   &n …

ゲーム記事
Nintendo Directを視聴して据え置きゲーム熱が上昇

スポンサーリンク 遅まきながらNintendo Direct(2021.2.18)を視聴してきました …